平日受付/11:00-19:00(定休日火曜日)
土日受付/10:00-19:00

011-684-1276
お問い合わせ

お知らせ

巨匠、来日

更新日:2012.09.01

お久しぶりです、藤田でございます
暑い日が続いて眠れない夜も多いのではないでしょうか?
僕もそんな1人ですが、眠れない理由がまだあります。

今月末のオーボエフェアで来日される
ジェローム・ギシャール氏の演奏が
楽しみで楽しみで夜も眠れないんです

それでは、前回のブログで予告されていた通り
ギシャール氏についてご紹介します。

フランスのナンシーに生まれる。
生地でオーボエを始め、パリ音楽院へ入学。
フランスの主要オケの主席奏者を歴任したピエール・ピエルロ、
数々の国際コンクールで1位を獲得したモーリス・ブルグのクラスで学んだギシャール氏は
1988年および翌89年に室内楽とオーボエで満場一致のプルミエ・プリを得ました。

……プルミエ・プリ
フランス系の音楽院卒業者の経歴に必ず登場するこの言葉。
文字通り訳せば第1等賞、意味としては最上級卒業資格です。

その後、1989年にマンチェスターのコンクールで第2位に入賞
1991年にプラハの春で特別賞、第3回国際オーボエコンクールではなんと
堂々の第1位に輝いています。

現在はパリ・コンセルヴァトワールと並ぶフランス最高峰の
フランス国立リヨン高等音楽院の木管楽器科オーボエ専攻の教授をしています。
また、フランス国立リヨン管弦楽団の主席オーボエ奏者でもあり
ロンドン交響楽団に客演奏者として招かれた経験もあります。

演奏もトップクラス、さらに音楽院では教鞭を執るギシャール氏。
そんな巨匠が札幌手稲の三響楽器にくるんです

個人的な話ですが
僕オーボエの音すごい好きなんです!
しかも世界トップクラスのプレイヤーの演奏が聞けるなんて…
こんなチャンス滅多にありませんよっ

そんなギシャール氏が来日する三響楽器オーボエフェアは
9月29日(土)30日(日)の2日間開催します。
インタビューやフリートーク、楽器試奏会を含んだミニコンサートは
29日(土)の18時15分から三響楽器の2階ミューズサロンで行います。

世界トップクラスの演奏をその耳で聞いてみませんか

藤田でした。