平日受付/11:00-19:00(定休日火曜日)
土日受付/10:00-19:00

011-684-1276
お問い合わせ

スタッフブログ

記事一覧

C.C.シャイニーフルートケース 三響オリジナル“いちごミルク”登場!

投稿日:2009年06月30日

おかげさまで売り切れました

キッチュでキュートなカラーのC.C.シャイニーフルートケース“いちごミルク”

軽くて丈夫なファイバー樹脂製の外装が衝撃から楽器を守り、
さらに特殊金具を使ったパッキンで防水性の高いケースになっています。

フルートケースのまま入れるタイプで、C管・H管兼用でほとんどのメーカーのスリムケースに対応!
(一部、大きめのプラスティックケースは入りません。)

ケース底にクロスやガーゼ、クリーニングペーパーといったアクセサリー類を収納できるスペースと、
掃除棒を入れる専用スペースがあります。

かわいいC.C.シャイニーフルートケースを持って、
気分も軽やかに演奏にでかけましょー♪

内寸:横435mm 縦90mm 深さ(最深部)85mm
重量:約1.2Kg(ストラップ含む)
ショルダーストラップ1本付き

※画像にある楽器は付属しません。

夏だ! Jam Sessionだ! 【7月30日】

投稿日:2009年06月24日

日にち : 7月30日(木)

会 場 : 三響楽器(手稲区手稲本町2条3丁目8-21)

時 間 : 開演20:00

料 金 : 無料



お待たせしました!!

Jam Sessionを開催いたします♪

演奏するもよし!聴くもよし!

ジャズ好きな仲間たちと楽しいひとときを過ごしませんか。

楽器を持ってくれば誰でも参加OK!

飛び入りも大歓迎です(Piano、Drum、アンプ類はご用意致します)

最初と最後はお決まりのナンバー「チキン」で盛り上がりましょう☆



主 催 : 三響楽器株式会社

問合先 : 三響楽器(011-684-1276)

団員募集のページができました!

投稿日:2009年06月23日

三響楽器サイトにて団員募集のページができました♪

道内で吹奏楽や合唱などを楽しんでいる仲間を募集するコーナーです。
団員募集をされる方はメール件名に『楽団メンバー募集』、メール本文に以下の項目について記載の上、
mail@sankyogakki.comまで送信下さい。

団体名 ※
募集パート※
練習日 ※
練習場所 ※
団費 ※
代表者名・指揮者名 ※
連絡先 ※
コメント ※
E-mail
Homepage
※印は必須です。いただいた情報の掲載まで数日頂戴いたします、ご了承下さい。
なお、送信から1週間以上情報の更新が行われない場合はお問い合わせ下さい。

フランクフルトメッセ その3 ~楽器編~

投稿日:2009年06月20日

で、フィデスのブースへ。

あるわあるわ、変な形のが(笑)
 

日本では眞田貿易さんが扱っていますこのフィデス。
ベル等のパーツはドイツ製、組み立てはスペインの職人が指導して
台湾で組み立てという変わったシステムのメーカーさん。

最近では天才トランペッター、ルベン・シメオ(15歳!!!)が使用していると評判。

今回は残念ながら彼が使用している楽器はありませんでしたが、

日本では未発売のBECKシリーズが並んでました。

 



 

当然、吹く!!吹き倒す!!!
外人の方々を押しのけ全て吹きました。
感想ですが・・・・素直!の一言で終わってしまいます。
吹き易い。

音の繋がりが大体どの楽器もへこんだりしますが、均一!!
素晴らしい楽器。

どちらかと言うとヤマハ寄りかな・・と

音色はプレーヤーに委ねられる感じですが、プロにはそんなの関係ないんだろーなーと。

秀逸だったのはフリューゲル!



フィデス特有の素直さ・均一さ・音の柔らかさ、いいですねーこれ。

後日談ですが、BECKシリーズの値段は恐らく50万オーバーとの事。

初っ端からこれですか・・・時間内に間に合うかなーと不安な一発目。

日本未発売の物、まだまだ紹介していきます。

今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。

中古ホルン入荷しました!

投稿日:2009年06月19日

日本未発売の「Hans Hoyer デスカントホルン RT91」など、早い者勝ち!

 



▲Hans Hoyer セミトリプルホルン C2MAL
【Key】F/B♭/High F
【Bore】11.9mm(0.468inch)
【Mouthpipe】Goldbrass
【Bell】Yellow Brass 310mm
【Bell Throat】ML

(定価)¥1,753,500-→¥800,000-

 



▲Hans Hoyer デスカントホルン RT91 ¥798,000-
【Key】B♭/High F
【Bore】11.9mm(0.468inch)
【Bell】Yellow Brass 310mm



▲Hans Hoyer B♭ シングルホルン 706GAL
(定価)¥457,800-→¥228,000-
【Key】B♭(with A stop key
& F natural pipe
【Bore】11.9mm(0.468inch)
【Mouthpipe】Goldbrass
【Bell】Gold Brass 310mm
【Bell Throat】M

フランクフルトメッセ その2 ~楽器編~

投稿日:2009年06月18日

約二か月ぶりの更新です。
通常の仕事が多忙だった(現在も)為、サボってました。

スンマセン m( _ _)m

(※ちなみにネット担当者も更新遅れに加担してました。スミマセン)

で、楽器編です。

まずは会場内の写真
 



メッセ最終日だった為、一般の方々も入場。

盛況です。

ビュッフェ・クランポンの旅の為、当然最初はクランポンブースへ。

ツアーの面々、一同に集まり直々に説明を受ける。



6月発売のクラリネット E-11 フランス←ウェブショップで販売中!

今までのE-11のクラリネット、シュライバー社で作られてます。
知ってました?

設計・音色を含めた所でビュッフェ・クランポンで再設計!!

ベルはリングなし・サムレストは新設計でストラップを掛けれるリングを装備。



KEYポストにも秘密の設計変更がなされていました。



さて、音はどうかな・・・・っと。
こんなこともあろうかと、日本から全てのマウスピースを持って来ました。
ほほほほほほほ。

吹き心地はとにかく楽々!!操作性も良し!
サムレストはちょっと痛いけど・・・BGのクッションが付属します。
ケースもモバイルし易いように、リュックタイプです。

 

音色は柔らかいですね、ヨーロピアンの楽器特有の高貴でお洒落な感じでしょうか。
とりあえず帰ったら注文しとこーっと。

さて、クランポンのホームページにての説明を受ける。

機種の説明はもとより、なんと!運指のガイドまでしてくれます。
ここまで進化するもんですねェφ(・_・。 )フムフム

一通り、説明が終わった所で解散・・・自由時間。

残り時間・・4時間どこまで見ることができるか・・・いざ、勝負!

JAM SESSION

投稿日:2009年05月28日

今、やってま~す♪
しょっぱなから盛り上がってますよ^_-☆

Jam Session やりますよ~

投稿日:2009年05月21日

会 場 : 三響楽器(手稲区手稲本町2条3丁目8-21)

時 間 : 開演20:00

料 金 : 無料



お待たせしました!!

Jam Sessionを開催いたします♪

演奏するもよし!聴くもよし!

ジャズ好きな仲間たちと楽しいひとときを過ごしませんか。

楽器を持ってくれば誰でも参加OK!

飛び入りも大歓迎です(Piano、Drum、アンプ類はご用意致します)

最初と最後はお決まりのナンバー「チキン」で盛り上がりましょう☆


問合先 : 三響楽器(011-684-1276)

管楽器フェアはじまりました

投稿日:2009年05月01日

春の陽気に誘われて一気に桜も咲きほこりました♪
三響楽器では、本日より17日(日)まで、

「三響楽器 管楽器フェア2009」がはじまりました。

フェア特価での、楽器のご提供。
初心者へ向けたベーシックレッスン

スタッフ一同心よりお待ちしておりますので、
ぜひお越しください♪

潜入!!フランクフルトメッセ -その1-

投稿日:2009年04月22日

別に黙って不法侵入したわけではありません。念のため(笑)

その日は、突然、携帯電話の着信音で起こされる。
寝ぼけた状態で訳も分からず、とりあえず取る。

コヤ『あ、はい。コヤです。』(´д⊂)
〇×□ 『こんにちは!○×□です!!』 ( ゚Д゚)

コヤ 『ああ、おはようございます。どしたの?』
○×□ 『え?ああ、今日は休みですか?今起きたんですか?もう昼ですよ!サックス調整お願いします』

コヤ (゚Д゚)ハッ!『あ、いや、実はカクカクシカジカで今ドイツなの』
○×□ 『へー、イイッスねー。じゃあまた今度、おみやげねー!!!』

ガチャッ! プーッ・・・プーッ・・

なーんか、かみ合わない会話・・・こんにちわって・・今なんじ・・・っ

!!!!!!( ゚Д゚) 朝の四時だべや!!

日本は昼の2時位か、まだ異国に来た実感まるでナシ!!

眠いんだか眠たくないんだか・・完全に時差ボケ Σ( ̄□ ̄|||)

そんな朝を迎える。

余った時間をつぶし、朝食をたっぷり取った後、集合して・・

フランクフルトへ向けて   出発!

バスに揺られて50分、ついに到着。

 



やはり日本と同じ敗戦国だけあって、空襲で建物は歴史的なものは少なく、
近代的なビルが立ち並ぶ。

さすが物造りの国!!こんなオブジェもあります。



どうですか?このおっちゃんの手、ハンマー振り下ろして動いてます。



 

地図を配布される。

楽器ジャンルごとに分かれていて、沢山のセクションに細分化されています。
これ、一日じゃ見れないよ・・(´_`。)グスン

ビュッフェの方々に案内して頂き、いざ会場へ!



フランクフルト・ムジークメッセ

最終日ということもあり、一般の方々も沢山来てました。

楽器吹ける余裕あるんかな?



ほとんどの楽器のマウスピースは持参してきた。
目指すは管楽器のブースのみ!!
時間いっぱいまで吹き倒す!!
次回『フランクフルトメッセ その2 楽器編』

過去ログ

最近の12ヵ月

年別アーカイブ